私のブラウン管テレビ処分の思い出

私が使っていたブラウン管のテレビのメーカーは東芝です。テレビの画面がとても綺麗で気に入って利用していたのを覚えています。

購入したお店は大阪市のヤマダ電機です。購入金額は約5万円くらいだったと思います。使った年数は約10年くらいです。

使っていた録画機はなく、テレビだけで使っていました。
このテレビの想い出は私がアルバイトをして自分でお金を出して買ったのですごく印象深いです。

自分の部屋にテレビがほしくて自分でお金を貯めて自分で買いました。
自分の部屋にテレビが置けるというのはすごく夢だったのですごくワクワクした気持ちで買ったのを覚えています。
私が独身時代に自分で買ったテレビはこれが最初で最後なのできっとずっと覚えているでしょう。

自分の部屋専用で使った初めてのテレビなのですごく思い出に残っています。
また、自分で買ったというのもありとても大切に使っていました。

このテレビとともに大人になったといっても過言ではありません。また、結婚した後もこのテレビは持って行って壊れるまで使っていました。
そのときも主に私が使っており、自分専用のテレビになっていました。
寝室用においてあったのですが、たまに寝る前に見て使っていました。
このテレビを処分するときに市町村の無料のごみ収集は検討したのですが、近くに無料で引き取ってくれるところで処分をしてそちらの方が近かったので、市町村のものは利用しませんでした。

しかしながら、調べてみると、こんなのもあるようです。

不用品回収 大阪市

また、リサイクルも検討したのですが、リサイクルに出せるほど綺麗ではないし、たまにいきなり電源が切れるなど不備もあったので買い取ってもらえないことは分かっていたのでまったく考えませんでした。タダで引き取ってもらったらラッキーくらいに思っていました。もちろんオークションも使えないものを出しても仕方がないので検討は一切していません。このブラウン管のテレビに関しては売ってお金にするということは全く考えていませんでした。そして、最終的に処分をした方法は自分の家から近い無料でテレビなどを引き取ってくれる場所へ持っていきました。自宅から車で5分くらいの場所なので近くて手ごろなのでその場所を選びました。処分費用は無料で持って行ってくれるところなのでお金はかかりませんでした。そして、ブラウン管が壊れてしまったので新しく買い替えなくてはいけなくなったのですが、そのテレビのメーカーはシャープです。値段は約7万円くらいだったと思います。次はブラウン管ではなく最新のものを買い替えました。このブラウン管自体は家のメインのテレビではなかったので、新しく買ったテレビは小さめの32型のものを買っています。
そして、今は寝室ではなく、私の部屋用に使われています。もう今は一台もブラウン管のテレビはないですが、ブラウン管とともに生活していた方が長いのですごく思い出深いです。
新しいテレビももちろんブラウン管と同様にとても大切に使っており、買ってから6年くらい経つのですが、不備なく使えるのでまだまだ使えると思います。
新しいテレビは私の部屋で利用しているので毎日必ず見ています。壊れるまで使い続けると思います。
このように、私のブラウン管テレビの処分方法を紹介しました。
ブラウン管を使っていた時期は長いので今でも思い出に残っています。
ブラウン管の事を思い出すと自分の独身時代の事をすごく思い出すのでとても印象深いです。
ブラウン管のテレビでたくさんのドラマを見たり、ゲームをしたなと思います。
自分の部屋用のテレビなので自分の本当のプライベートなテレビばかり見ていたのでとても思い出に残っています。
思い出に残っているテレビなので結婚後も新居に持って行ったくらい思い出があるテレビです。
テレビの調子が悪くなって新しいテレビに買い換えるときも少し躊躇しました。
やっぱり自分の思い出がたくさん詰まっているものを捨てるのは勇気がいりますよね。
結局もちろん捨てましたが、今は新しいテレビを使っていてそれを毎日愛用していますが、やはり自分のお金で貯めて買ったテレビの方が思い出に残りますし、愛着があります。今は家に一台もブラウン管はありませんが、これからは新しいテレビを大切に使っていきたいと思います。これが私のブラウン管テレビの思い出です。ブラウン管時代の方が長い私にとってはブラウン管のテレビを懐かしいなと思ってしまいます。もし、まだブラウン管を使っている人がいたら是非、参考にしてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ