腰痛とうまく付き合っていく

30歳を過ぎた頃、交通事故が原因で腰椎捻挫になりました。
どのような事故かというと、左から走ってきた車が左後部のトランク箇所に衝突したのです。車は破損し廃車にまでなるほどの激しい衝突でしたが、左後部座席に座っていた私を含めて乗っていた家族は誰1人見かけ上はケガをしませんでした。事故当時は興奮状態だったのでしょう。帰宅して落ち着くと、腰に違和感を覚え始めました。座るだけでジワジワと痛み始め、立ったり歩いたりすると、さらに痛みました。
翌日、整形外科の病院へ行きました。診断の際、ぽんと軽く木槌で痛んだ箇所を叩かれると、悲鳴を上げるほどの鋭い痛みが走りました。
診断の結果は腰椎捻挫でした。直接ぶつからなくても、衝撃が伝わると捻挫するそうです。
その時は「ただの捻挫か、すぐに治るだろうし、ピンポイントで叩かない限り痛くないだろう」と高を括っていました。
しかし、腰というのは普段は意識しなくても、字の通り、体の要部分で、とにかく動作に必ず使う箇所なのです。
立ち上がるというようなちょっとした日常の動作でも、ピキっとした痛みを感じるのです。特に幼い子どもがいたため、抱っこすることが不可欠だったのですが、持ち上げるのもしんどく、長時間抱っこ紐を使って動くことなど到底できませんでした。抱っこ紐は腰と肩でホールドして使うのです。そのことを医師に相談をすると、すぐさまコルセットを作成することになりました。コルセットの使い心地は、いわゆる市販されている骨盤矯正ショーツとは比較できないほど使い心地は良くありません。丈夫な分、非常に硬く分厚いです。しかしホールド力も強いので、抱っこ紐を使用することもできるようになりましたし、持ち上げるという動作が軽くなりました。
さらに薬として、ゼポラステープという湿布とエペリゾン、ロキソニンを処方されました。
その中でもゼポラステープは貼ると、痛みが緩和されて随分楽になったと記憶しています。市販の湿布よりもずっと即効性があります。一日中つけて過ごしていました。ロキソニンは胃が痛くなるので、本当に痛みを感じる時のみの使用でした。
もちろん通院して、ローラーと低周波治療器の治療も行いました。
結果的に3ヶ月程度通院で、ちょっとした動作で痛んでいた腰も元通りになりました。

しかし、今思えば、このDVDを見ておけば、もっと良かった思います。

腰痛治療 大阪

どれが良かったというのではなく、全て併用していたのが快方理由だと思います。
捻挫は完治したと言えますが、その時からウイークポイントにもなりました。平たく言うと、疲れが1番に出るのが腰です。

すぐに腰痛になるし、カチカチに強張るようになりました。今まで腰が凝るということはなかったのにです。また体を反らせるという単純動作でも腰が痛みます。医者からは加齢も原因の一つだと言われましたが、骨折とは違い、捻挫はその箇所を弱くするとのことでした。
とは言え、日常生活に支障はないので、痛みを感じた夜などは市販の湿布を貼ったり、バンテリンを塗ったりして過ごしています。
他にもお風呂で軽いストレッチやマッサージをして、腰の血行を良くするように意識しています。
これからも簡単に出来ることで、腰を労っていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ